ピュリナワンの評価

ピュリナワンの評価

 

ピュリナワンは飲食メーカーでもあるネスレ社が販売しています。
有名なのがモンプチですが、ピュリナワンは各ニーズに対応しやすく、通販でも買いやすいことから人気が高いようです。
メタボリック、下部尿路、グレインフリー、避妊や去勢用、高齢猫用など専用の商品が選べます。

 

ピュリナワンの評価は4段階中3です

ピュリナワンを総合的に判断すると、4段階中3の評価だといえます。
レベル4といえるのは無添加でグルテンフリー・食肉100%のため、ミール系の副産物の使用があるピュリナワンは一段階下がる状態です。

 

ネスレも「キャットフードには穀物を多くしないほうがいい」という考え方で、高たんぱく質な点が高評価になりました。
ホームセンターで売っている激安品は穀物でかさまししているため、それに比べると評価が高くなるのは当然のことです。

 

また、評価が多少下がるのは、トウモロコシや小麦粉など穀物を使用しているためです。
ただし、2018年にはピュリナワンにもグルテンフリーが登場したため、3段階よりやや4段階に近くなりました。

 

高たんぱく質なのが高評価

ピュリナワンは猫に必要なたんぱく質をふんだんに使用したプレミアムフードです。
チキン、ターキー、サーモンが原材料の一番目に表示されているため、人が食べるレベルのたんぱく質を高配合していることがわかります。
ミール肉が多少含まれているため、レベル4にはなりません。

 

家禽(かきん)ミールは詳しい記載がないのですが、ペットフードの基準が厳しいアメリカ産のため、信用できる可能性が高いです。
アメリカ産のため国産のミールではないでしょう。
ピュリナワンが評価最高の4になるためには、もう少し肉や魚の説明書きが必要かもしれません。

 

ネットの口コミからピュリナワンを評価

ピュリナワンの評価

 

好き嫌いが激しい子でも、ピュリナワンは食べてくれたという声が多いです。
ピュリナワンが人気の理由は豊富なタンパク質にあるのでしょう。
猫はもともと肉食で、たんぱく質が多い食事だと美味しいと感じるようです。

 

ピュリナワンは尿路疾患用のフードもあるため、試してみる価値はあります。
病院から買える下部尿路用のフードは美味しくないものが多く、食いつきはあまり良くなりません。
ピュリナワンは療養食ではありませんから、口つきの面で評価が高くなります。

 

下痢をした

ピュリナワンは一部ですが、下痢をしたという猫ちゃんもいます。
下痢しやすいのはコーングルテンミールが多く含まれているためです。
トウモロコシが入っているフードで下痢したことがある子は、食べさせるのを避けたほうがいいでしょう。
ピュリナワンにはグルテンフリーもありますから、下痢しやすいなら穀物不使用のほうを選んでください。

 

下部尿路の症状が悪化した

ピュリナワンの下部尿路タイプは、療養食ではないため勘違いしないように。
あくまでも予防のためであって、症状が出ている猫ちゃんは病院でケアを受けてください。
獣医師が必要だと判断すれば、療養食を与えましょう。
治療が必要な猫ちゃんは、先生の指示に従ってください。