大粒のキャットフード

キャットフードの粒の大きさ

 

猫はキャットフードを丸呑みする生き物

カリカリと呼ばれるキャットフードには、大粒のものがあります。
猫の多くはキャットフードを丸呑みして食べるため、大粒のキャットフードでは飲み込みにくい可能性があるでしょう。
子猫だから小粒のキャットフード、大人だから大粒のキャットフードのように使い分ける必要もありません。
大粒のキャットフードは猫にとって噛みづらく、飲み込みづらいフードになってしまいます。

 

大粒のキャットフードと食いつき

キャットフードが大粒だからといって、猫の食いつきがよくなるわけではありません。
「肉感や魚感があるため満足感が高いのでは?」と思ってしまいますが、実際にはキャットフードの粒の大きさと猫の食いつきはよくわかっていないのです。
猫はニオイで食べ物を判断する動物のため、粒の大きさで食欲が起こるということは考えにくいでしょう。

 

大粒が余っているならふやかして与える

猫が大粒のキャットフードを食べにくそうにしているなら、ふやかして与えましょう。
少量のお湯を入れると柔らかくなり、猫も食べやすくなります。
ただし、毎回大粒のキャットフードをふやかす作業は面倒なため、最初から小粒のキャットフードを選びましょう。

 

子猫やシニア猫には小粒がおススメ

キャットフードの粒の大きさ

 

子猫は口が小さく大きなキャットフードは食べられません。
シニア猫も噛む力が弱くなってくるため、小粒のキャットフードを選んであげましょう。
粒が小さいと消化も負担をかけず、シニア猫がキャットフードを食べて吐く可能性が減ります。

 

粒が大きいメリット

キャットフードの粒の大きさ

歯石を予防する

キャットフードは粒が多ければ、猫がよく噛んで食べなければなりません。
噛むときに硬いキャットフードが歯石を除去すると考えられています。
猫に歯石が溜まってしまうと、歯周病の可能性があるため注意が必要です。
歯周病は猫歯が抜け落ちる原因ともなるため、防ぐようにしましょう。

 

噛むのが好きな猫が喜ぶ

猫も噛んで食べると食べ応えを感じることがあるのでしょう。
小粒のキャットフードを丸呑みするのが好きな猫もいれば、噛んで食べるのが好きな猫もいます。
両方の大きさのキャットフードを与えてみて、比較してみましょう。
噛んで食べるのが好きな猫は、大粒のキャットフードが喜びます。

 

顎の力が維持される

ウェットフードのように柔らかい食べ物ばかりだと、猫の顎の筋肉が発達しません。
野生の猫はネズミや昆虫など噛み応えのある食べ物を食べています。
家庭で飼われているとどうしても飼い主さんに左右されてしまうため、噛んで顎を鍛えることも考えなければなりません。

 

大粒のキャットフードのデメリット

キャットフードの粒の大きさ

子猫が喉に詰まらせるリスク

小さな子猫の場合は、大粒のキャットフードを喉に詰まらせる可能性があります。
まだ大粒のキャットフードを噛んで食べられないためです。
無理やりそのまま飲み込もうとして、喉に詰まらせる可能性があるでしょう。

 

胃に負担がかかり嘔吐する

消化に負担がかかると、猫は嘔吐してしまう可能性があります。
猫はカリカリをほとんど噛まず飲み込みますから、大粒だと消化しにくくなります。
頻繁に猫が嘔吐する場合は、大粒のキャットフードを疑いましょう。