AAFCOとは?

AAFCO

 

AAFCOとは米国飼料検査官協会のことです。
アメリカではペットフードの製造方法を厳格に決めています。
対象となるのは動物飼料や動物に対する薬です。
つまりAAFCOの基準を満たしたキャットフードは、製造法や販売法が適切だと判断できます。

 

日本のキャットフードの基本になっている

日本にはキャットフードやドッグフードに対する基準がなく、AAFCOを元にして基準を決めています。
海外から輸入されたキャットフードはもちろんのこと、日本で販売されている猫餌にもAAFCOが記載されているのはこういった理由からです。

 

AAFCOは基準を決める機関

あくまでもAAFCOはペットフードの安全性を保つための基準を決める機関です。
AAFCO自体は市販されているキャットフードの検査はしていません。
キャットフードに入れていい添加物をリスト化することで、キャットフードメーカーはそれを基準として製造することができます。

 

総合栄養食の基準にもなっている

AAFCOでは猫に与えるべき栄養素も指定しているため、猫餌の総合栄養食の判定にも使われています。
総合栄養食とは猫に必要な、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を含んだ餌のことです。
毎日総合栄養食と水だけを与えていれば、例外を除き栄養が不足することはないようにつくられています。

 

AAFCOの基準を満たすフードがおすすめ

AAFCO

 

あくまでもAAFCOは基準を示す機関のため、「AAFCO認定」「AAFCO合格」「AAFCO認定」という表示の仕方は誤りです。
正しい表示の仕方とは、「AAFCOの基準を満たしている」と記載することです。

 

例えばピュリナワンでは、次のような表示のされ方をしています。
「この商品はペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。AAFCO(米国飼料検査官協会)の成猫用給与基準をクリア。」
AAFCOの基準をクリアしていると記載されているため、表示方法は問題がありません。

 

AAFCOの基準を満たせば安全ではない

AAFCO

 

AAFCOの基準ではキャットフードの添加物や栄養基準がわかります。
猫の健康に必要な栄養素が含まれ、添加物は基準内に留めているという目安です。

 

AAFCO基準だから安心ではない

残念ながらAAFCOの基準内で作られているキャットフードも、猫に安全とはいえないものも存在します。
添加物や栄養面の基準を満たしているだけで、原材料が安全だと保障されたわけではありません。

 

添加物を使っても基準をクリア

AAFCOで決められた添加物であれば、人工であってもキャットフードに入れて問題ありません。
無添加のフードを手に入れたい方は、AAFCOの基準だけでは判断できないでしょう。
AAFCOの基準は当たり前で、添加物を含まず、原材料にも拘っているフードを選ぶべきです。

 

日本におけるペットフードの基準

AAFCO

 

日本で市販されているペットフードの多くはAAFCO基準をもとに作られています。
しかし、日本独自のルールは遅れているのが現状です。

 

ペットフード安全法が成立

2008年にペットフード安全法が成立しました。
これにより、愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律が定められたことになります。

・基準に満たないペットフードは輸入できない
・名称、原材料名、賞味期限、製造者名、原産国を表示する
・輸入業者や製造業者は届け出が必要

ほかにも多数の基準が設けられるようになりました。

 

国内で有害な物質を含むペットフードが製造できなくなったのと同時に、海外から有害な物質を含むペットフードも輸入できなくなったのです。
出典:https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/outline.html